公益財団法人中山がん研究所 市民公開講座

市民公開講座

第4回市民公開講座

日時:2016年4月2日(土) 14:00〜15:30
場所:新宿NSビル 3-J東京都新宿区西新宿2-4-1
演題:「最新の食道癌外科治療」
参加費:参加費は無料
申込み:お電話での事前申込みが必要です。
    大学病院の代表番号から「消化器病センター医局」へお掛け下さい。
    TEL 女子医大消化器病センター医局 03-3353-8111
※その他のお問い合わせは当ホームページのお問い合わせフォームからお願いいたします。
定員:90名 定員数に達しましたら、受付を終了させていただきます。


第3回市民公開講座

日時:平成27年3月7日(土) 14:00〜
場所:三芳町文化会館コピスみよし
■第1部:「癌とぼくの人生」 黒沢 年雄 氏
■第2部:「細胞シートを用いた食道再生医療」大木 岳志 先生

平成27年度写真

27年度の市民公開講座は、埼玉県三芳市の三芳町文化会館「コピスみよし」の大ホールにて開催されました。
今年の公開講座は主に一般市民の方々が多くみられ、参加者は350人ほどになりました。
幅広い年齢層の参加者で会場がほぼ満席になるほどの大反響でした。
第1部の一般公演では、演者に俳優の黒沢年雄氏による「癌とぼくの人生」と題して、ご自身の手術やがん治療の体験をユーモアを交えながらお話いただきました。
第2部では、東京女子医科大学の大木岳志先生による「細胞シートを用いた食道再生医療」について、専門的な内容をご講演いただきました。
スライドや映像をもとに、丁寧に分かりやすく説明をいただき、現代の医療技術の高さを知ることができました。
前半の部では参加者の方々はリラックスをして聞いる様子が多くみられましたが、専門的な講演内容では耳を傾けながらうなずいたり、メモを取ったりしている方々の姿が印象的でした。
今後とも人々の健康や生活に役立つ講演を提供できるように、本事業を継続していきたいと思います。

 


第2回市民公開講座

日時:平成26年4月12日(土) 13:20〜15:00
場所:帝京平成大学 ちはら台キャンパス
「あなたのがんの危険度は? 」
■一般講演/司会:東京女子医科大学 消化器外科 教授 山本 雅一 先生
(1)膵癌 帝京大学ちば総合医療センター外科 准教授 山崎 将人 先生
(2)肝癌 帝京大学ちば総合医療センター外科 教授 田中 邦哉 先生
■特別講演/司会:帝京平成大学 地域医療学部 教授 安田 秀喜 先生
「災害への備えは水と食料だけでいいの? -災害に負けない健康管理-」
帝京大学ちば総合医療センター 救命集中治療センター 教授 福家 伸夫 先生

平成26年度写真

26年度の市民公開講座へは一般市民の他に多くの学生が見られ、約350人の参加者が集まりました。
会場では座席が足りなくなり、室内の後ろや壁側にまで席が設けられるほど大盛況でした。
まず第1部の一般講演では、帝京大学ちば総合医療センター外科の先生方による「膵癌」と「肝癌」をテーマとした講演が行われました。
スライドや映像を用いて、とても分かりやすく噛み砕いて説明がなされていたので、参加者は真剣な表情で講演に耳を傾けながら、メモを取っている姿が見られました。
また第2部の特別講演では、これまでに国際緊急援助隊医療チーム医師として災害の現場に多く携わっている福家先生がお話くださいました。
その際、先生は赤十字のマークが入ったベストを着用されながらこれまでの経験談を語って下さいました。
災害時には水・食糧の確保がまず頭に浮かびますが、実は普段から健康管理をすることも非常時にはとても大切であるということを知りました。
更に薬を服用している人はきちんと薬の名前を覚えておくと、災害時に薬の処方がスムーズにいくことや、破傷風の予防注射なども大人になって再度接種しておけば安心であることなど、普段から対策ができることを学びました。
今後とも人々の健康や生活に役立つ講演を専門の医療者側から提供ができるように、本事業を継続していきたいと考えております。

 


第1回市民公開講座

日時:平成25年3月3日(日) 13:00〜
場所:京成ホテルミラマーレ
「あなたのがん危険度は?」
■一般講演/食道がん・胃がん・大腸がん・乳がんなど、生活習慣の改善と予防・早期発見について ■特別講演/震災・原発事故関連の講演
福島県立医科大学附属病院 消化器外科 教授 竹之下 先生

 

 


市民公開講座概要

 

準備中です。少々お待ち下さい。